• KGK公式ブログ

私たちと共に住むために



ショートメッセージ#7 執筆担当:矢島志朗(総主事)

「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。」(ヨハネによる福音書1章14節・新改訳2017)

ヨハネによる福音書1章では、イエス・キリストは神ご自身であり、永遠のはじめから存在され、世界のすべてを造られ、いのちに満ちた方で、すべての人を照らす光であると紹介されています。そしてこの神様が、私たちと「共に住む」という願いを持ってくださっていることが記されています。「共に住む」とは、神と人が豊かな交わりを持ちながら生きている状態です。


私は無宗教の家庭で育ち、なんとなく神はいるかもしれない、でも人に迷惑をかけなければ好き勝手に生きればいいと考えていました。自分の内にうごめく闇、不安や憎悪に実はかなり悩んでいましたが、それでも人生はそんな感じで生きればいいんだと思っていました。


今から30年ほど前、大学1年生の時に不思議な導きで聖書を読みはじめ、教会に行くようになり、大学の聖書研究会にも参加するようになりました。神様が私を造り、私の人生に計画を持っていることを知りました。人間が生まれながらに神を知らず、神を認めないことが罪の根本で、そこから様々な悪が生まれることも知りました。神様との関係の回復には罪の問題の解決が必要であることも知りました。聖書を読み始めて7か月後、イエス様を救い主として受け入れる祈りをささげました。神様の助けと、聖書を共に読み議論につきあってくれた友の祈りがあってのことでした。


その年のクリスマス礼拝で、洗礼を受けました。礼拝で歌った賛美の歌詞に、ヨハネ1章14節の「ことばは人となった」という言葉があり、これを口にした時に不意に涙が溢れて止まらなくなりました。今日のこの時を待ち望んで、私を救い、私と交わり共に歩んでくださるために、神様が人となって地上に来てくださったんだ。そう思った瞬間、神様の深い愛に包まれる感覚が押し寄せ、心が震えたのでした。この日が、神様と共に歩む人生のスタートとなりました。


神ご自身であり、罪を犯さなかったイエス・キリストが身代わりにさばきを受けてよみがえってくださったことによって、私たちとの関係が回復される道が開かれました。私たちと永遠に共に住みたい、豊かな交わりを回復させたい、その願いのうちにイエス様が生まれてきてくださった、暗く混沌とした家畜小屋で誕生してくださった、それがクリスマスの本当の意味です。この時期に一人でも多くの方に、神様との新しい出会いがありますように祈っています。

79回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示