top of page
  • KGK公式ブログ

あなたがずっと求めていた人生


良書紹介#10 執筆担当:松尾献(九州地区責任主事)



【ジョン・オートバーグ著、中村佐知訳『あなたがずっと求めていた人生-真の霊的変容へのロードマップ-』地引網出版、2014年】



KGKはこれまで<静まり・霊性>を大切にしてきました。日々の「静思の時」(ディボーション)は勿論、合宿等でメッセージが語れた後も、しばらくの「みことばの思い巡らし」の時があり、夏期学校・春期学校のような大きな集会の最終日には、「完全静思」というプログラムが存在することがよくあります。しかし、いわゆる“霊的”でないぼくは、この<静まり・霊性>の事柄が苦手でした。周りが「最近、毎日の静思の時で、教えられているんだよねー」と分かち合っていても、ぼくにはそれがピンときませんでした。そして思うのです。「一体、みんなは静思の時に何をしているんだろう・・・。ぼくは、聖書を開いたらすぐに眠くなるし、みことばを読んでも何にも響いてこないよ・・・。」


そんなぼくにとって、夏期学校・春期学校の「完全静思」の時間は、誰ともしゃべらない我慢の時間でした。正直、ぼくにはそれらの良さが全く分からなかったのです。


主事になって、以前よりは<静まり>の大切さが分かったつもりですが、それでも依然としてこの手のものには苦手意識がありました。


そんな時に出会った本がこの「あなたがずっと求めていた人生」という本です。

ぼくは、この本を読んで<静まり>のイメージがひっくり返されました。

誰かに道を譲ることも、スポーツを楽しむことも、赦すことも霊的な事柄であることを知ったのです。

著者であるオートバーグは、自分の失敗談とユーモアを交えながら語ってくださっているので、内容もスッと入ってきます。それでいて洞察力に優れ、あっという間に静まりの深みに連れていかれます。またこの本では、<静まり・霊的>実践の具体的な方法も細かく紹介されていて、地に足のついた内容なので、すぐ真似できるものばかりです。

そして何より、この本はみことばに忠実です。内容も福音的で、励まされるものです。そしていつの間にか、神様の前に出ていくことへと背中を押してくれます。


忙しい現代。疲れの多い現代。その中で主の声を聴き、静まりの生活に身を置くことは、これまで以上に大切で必要なことでしょう。


しかし、静まりの良さが全くわからない・・・

何のためにやるの・・・

どうやるの・・・


そんなぼくのような人は是非是非、この本を手に取ってほしいと思います。

そしてこの本を読み終えた後には、誰に強いられたわけでもなく<静まり>を愛するあなたへとなっていることでしょう。イッツ・モーフィン・タイム!!

閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page